空腹時の痛みがある人はピロリ菌を疑ってみる

空腹時の痛みがある人はピロリ菌を疑ってみる

空腹の時にお腹が痛くなる人もいますが、それは当たり前のようで病気のサインの可能性もあります。
人間の体というのは、痛みにはある程度敏感にできていますが、それは体の外で起こったことに対してが敏感のことが多いです。
しかし、体の内部で起こっている内臓などの痛みでは、わからないで進行をしていることもあります。
そして、お腹の痛みでも胃が痛みを起こしていることはほとんどなく、肝臓や膵臓に原因があることもあります。
更に気をつけた方が良いのは、感染症としてあるのが「ピロリ菌」があります。
これらの可能性を考えた時には、十二指腸潰瘍が関係していて、患者の約95%もの人がピロリ菌に感染しているということが言われています。
空腹というのは、誰しもあることですがしっかりと病院で検査をして調べておくことによって、脅威から身を守ることができます。
ピロリ菌だとしても、慌てることなく処方された薬を飲むことによって、改善することができますので検査をしてみることです。

腹痛の原因であるピロリ菌の診断方法

腹痛を引き起こす原因の一つであるピロリ菌ですが、その診断方法はいくつかあります。
まず、内視鏡検査で胃潰瘍や胃炎などの診断をうけてから、ピロリ菌の感染の有無を調べることになります。
その検査方法は大まかに分けると内視鏡を使う方法と使わない方法の二種類があります。
内視鏡を使う場合、胃の中を観察すると共に組織を採取して検査します。
まず、ピロリ菌から排出されるアンモニア量を測定する迅速ウレアーゼ試験、組織を染色することにより有無を確認する鏡検法、組織を培養して菌の増殖を調べる培養法があります。
そして内視鏡を使わない場合、血液や尿を採取して調べる抗体測定、薬を飲んだ一定時間後に呼気を調べる尿素呼気試験、便を採取して調べる便中抗原測定があります。
どの検査をするかは医師と相談の上、行います。
それらの検査でピロリ菌が確認されると除菌療法をすることになります。
除菌は主に薬物療法です。
処方されたクスリを全て服用後に再検査をし、除菌できたかどうかを確認します。
この菌は除菌しない限り、胃に生息します。
胃痛が酷い場合は早めの検査をおすすめします。