ピロリ菌は大人よりも子供に注意しよう

ピロリ菌は大人よりも子供に注意しよう

ピロリ菌は胃の中で悪影響を及ぼす細菌です。
そのピロリ菌は一体どんな経路で感染するのでしょうか。
ピロリ菌の感染ルートは、実は医学的にまだはっきりと分かっていない現状ですが、口から口への感染、糞便から口への感染、飲み物や食べ物からの感染が考えられています。
口から口への感染については、特に幼児期の子供に対して注意が必要です。
母親からの口移しの食べ物などが、感染の原因の一つとして考えられているからです。
一方で、大人の場合は、コップの回し飲みやキスなど、日常生活の行為の中で感染する確率は低いとされています。
次に飲み物からの感染ですが、日本国内にて、水道水を飲んで感染することはほとんどありません。
しかし、海外に行った際に、浄化されていない水道水を飲み、感染してしまう可能性はあります。
ピロリ菌は日常生活の中では、なかなか感染しないものなので、予防の為に神経質になる必要はありませんが、大人より子供が感染しやすいものなので、口移し等の行為だけ注意が必要でしょう。

子供にピロリ菌が感染する例

ピロリ菌は胃の中に住み着く最近の一種で、慢性胃炎や胃がんなどを引き起こす原因の一つとしてよく知られています。
日本人のおよそ半分がピロリ菌に感染しているといわれていますが、その大半は中高年の人たちです。
かつてピロリ菌は上下水道が整っていなかった時代に、不衛生な環境の井戸水や河川から感染するのが一般的なケースでしたが、最近は上下水道が整い衛生環境が整備されているため、若い世代の感染者は極少数だといわれています。
しかし感染者から口移しでご飯を食べたりした場合は経口感染によってピロリ菌が子供に感染する可能性があるため要注意です。
親世代はもちろん、祖父母が子供を預かる場合に口移しでご飯を与えないように気をつけることで経口感染リスクを低くする事が可能となります。
一度感染すると大人になってから治療をする必要が出てくるため、感染しやすい乳幼児期に徹底して子供が感染しないように注意してあげることが大切といえます。