ピロリ菌の感染率は年代ごとに違う

ピロリ菌の感染率は年代ごとに違う

ピロリ菌の感染率は、年代ごとに違うといわれています。
日本では、上下水道が十分に完備されていなかった戦後の時代に生まれて育った 団塊の世代以前の人の感染率が高いといわれ、感染率は80%ともいわれています。
反対に衛生状態の良い環境で育った若い世代の感染率は年々低下する傾向にあり 10代や20代では欧米の人とほとんど変わらない、10%ほどの感染率だといわれています。
しかし、これから人生の後半に向かっていく40代や50代以上の年代の人の感染率が 一番多いという報告もあり、ピロリ菌に感染しているかどうか、現在の自分の胃の状態は どのようなものかを知っておく必要があるでしょう。
健康に長生きするためには、非常に重要なことです。
しかし、上下水道の整備が進むにつれてピロリ菌に感染する人が減ってきているという 報告もあるようです。
上下水道が完備され、衛生環境が整った現代ではピロリ菌の感染は著しく低下しているので 感染について神経質にならなくてもよいでしょう。

ピロリ菌の感染原因とは?

日本人の50代以上の人にはピロリ菌を持っている人が半数以上います。
この菌が胃の中にいることによって胃を荒らしてしまうことがあります。
ピロリ菌が胃の粘膜を傷つけてしまうので、胃炎になったり胃潰瘍だけでなく胃がんになるリスクが高まってしまうのです。
なぜ50代以上の人が多い原因は、50代以上の人が子供時代あるいはその親の育った年代が下水度が完全に完備されていない時代がありました。
また家にある井戸水を飲んで育った年代のために、ピロリ菌が胃の中にはいってしまったのです。
その菌は人の口から口へ感染してしまうので、親が食べたものを子供が食べることが原因で、感染してしまった年代なのです。
ただ怖いピロリ菌ですが。
いまは検査の方法もかなり簡単になってきています。
いまは検査容器に自分の息を吹きかけることでわかるようになったり、血液検査でもある程度の可能性がわかるようになっています。
感染がわかったら速やかに除菌したほうがいいです。