二次除菌においてもピロリ菌の除去に失敗した場合の対処法

二次除菌においてもピロリ菌の除去に失敗した場合の対処法

ピロリ菌除去は一次除菌で約7割が成功し、二次除菌まで行えば、ほぼ9割が除菌されます。
しかし二次除菌でもピロリ菌が除去できないケースもあり、その場合は保険適用外となりますが、三次除菌を行うことができます。
三次除菌でも一次、二次と同様、胃酸の分泌抑制の薬に加えて抗生物質を服用します。
飲み方も同じで、朝晩、一週間にわたって飲むことになります。
ただし、三次除菌では抗生物質の種類が変わります。
一次除菌と二次除菌では胃酸を抑えるラペプラゾールと抗生物質のアモキシシリンを服用しますが、三次では抗生物質として、ニューキノロン系の抗生物質であるシタフロキサシンが処方されます。
ただし、一次か二次にこのシタフロキサシンが処方されていたなら、抗生物質はメトロニダゾールかクラリスロマイシンになります。
この三次除菌でもピロリ菌が除去できない時は、四次除菌として一次と二次で用いたラペプラゾールとアモキシシリンを、今度は1週間ではなく2週間服用して経過を見ます。

ピロリ菌の除菌薬の副作用の内容

胃の調子が悪いという経験はだれでも1度くらいはあるでしょうが、じつは胃カメラをして組織をとって検査をしたらピロリ菌がいたというケースがかなり多いのです。
ピロリ菌とは胃の中にいて、胃の不具合をおこさせるだけでなく、胃潰瘍や最悪には胃がんなどのリスクを高める菌といわれています。
ですから胃薬を飲んでいても、胃の調子が悪いのが治らないというときは、胃カメラの検査をしてみることが必要です。
最近では血液検査でもピロリ菌がいるかどうかの検査ができるようになっています。
はっきりとピロリ菌がいるとわかったら、除菌をすることが必要です。
これは1週間程度、薬をのむことで除菌できますが、飲み忘れると成功しないことがあります。
除菌薬をのむと、副作用として便がやわらかくなったり人によっては下痢をしてしまうという症状がおこることがあります。
ただ除菌薬の服用が終われば収まるのであまり心配する必要はないですが、あまりにもつらいというときは、医師に相談してみるといいでしょう。