ピロリ菌ってどんなもの?

ピロリ菌ってどんなもの?

ピロリ菌とはヘリコバクター・ピロリのことで、人の胃の中に住む細菌のことです。
胃の中は消化のための強い胃酸が分泌されているため、細菌などは住むことは出来ないと言われていました。
自らが出す酵素のおかげで胃酸の影響を受けることなく胃の中で生き続けることのできるピロリ菌は、胃の内壁を傷つけ、胃酸の影響を受けやすくしてしまうため、慢性胃炎や胃がん、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった胃腸の病気の原因になるとも言われていて、殺菌による胃腸の病気の予防が行われています。
一度感染してしまうと、除菌をしない限りは胃の中に住み続けると言われているため、胃腸の病気にかかるリスクを抱えてしまうことになります。
他にも、ストレスで胃が痛くなったり、胃のポリープも原因がピロリ菌であるという研究データが発表されています。
ピロリ菌の感染は食べ物や飲み物から起こります。
そのため衛生状態の良くない国地域での感染者が多く、日本人の50%が保菌者であると言われていますが、その中でも日本でも戦後を生きた50代以上の人の保菌者は70%にも上ると言われています。
しかし、全ての保菌者が胃がんなどを発症するかと言えばそうでもなく、感染者の5%程度が発症していると言われているため、過度に恐れる心配はありません。

ピロリ菌が胃酸の中でも活動できるのはなぜ?

一般的な細菌は生き物なので酸性の環境にあまり強くなく、強い酸性の環境に置かれると死滅してしまいます。
これに対して胃の中には強酸性の胃酸が大量に分泌されており、本来ならば普通の細菌が生き抜ける環境ではありません。
ところが、ピロリ菌は細菌の一種でありながらも、強酸性の胃酸の中でも元気に活動して胃炎や胃潰瘍のきっかけをつくってしまいます。
これはどうしてなのかと疑問を持たれている方も多いと思いますが、この秘密はピロリ菌にはウレアーゼという酵素を分泌する機能が備わっているためです。
ウレアーゼには胃の内部にある老廃物の一つである尿酸という物質を材料にしてアンモニアをつくる性質があります。
アンモニアは強いアルカリ性の物質なので、酸を中和させてpHを下げてくれます。
つまり、ウレアーゼの分泌によって胃の内部の尿酸をアンモニアに変化させ、細菌が過ごしやすい環境を維持することができるので、胃の中の強酸性の環境でも生き抜くことができるというわけです。
また、近年の研究では、ピロリ菌には胃粘膜の組織に働きかけて胃粘膜を胃酸が分泌されにくい状態に変質させることがわかっており、こちらも強酸性の過酷な環境でも生き抜ける秘密と考えられています。
このように、ピロリ菌は胃の内部の過酷な環境でも生き抜き、胃炎や胃潰瘍を引き起こすので、慢性的な胃の不調が続くという方は早めに医療機関を受診し、検査を受けてみることをお勧めします。

健康サプリが気になる方はこちらへ

ピロリ菌対策ならこちら

ピロリ菌 検査

たくさんあるプロポリスの中から重要なポイントを押さえて比較

プロポリス

アルギニンサプリメントをあらゆる角度から徹底比較検証

アルギニン